ロングセラー車種 スズキ・ワゴンRを大調査

スズキの車種で真っ先に思い浮かべるのはワゴンRです。

スズキのワゴンRは発売からこれまで、軽自動車でトップシュアを誇るほどの売り上げを記録しています。
スズキから1993年に登場したワゴンRはこれまでの軽自動車のイメージを一新するデザインでした。
車高を高くすることで、車内を広くし、乗り降りなども非常にしやすく作られていたのです。

発売すると瞬く間に人気車種となり、毎月1万台以上の販売を続けている車種です。

それまでの軽自動車は、車高の低い車か、1ボックススタイルの車ばかりだったからです。

発売に当たりスズキは当初の販売目標を3000台に設定していたのに、蓋を開ければ1万台を超える快挙を今でも続けているのですから、とても儲かったと言えます。

そのため、マイナーチェンジの度に装備は良くなり、軽自動車の装備を一躍豪華なモノにしていったと言えます。
最近の軽自動車の装備が良くなっているのはこのワゴンRのお陰だと言えるかも知れません。乗り味もしっかりしていて、車内も大人4人が楽に乗れるのですから、売れるのも当然と言えるます。
走りも軽自動車としては納得できるモノで、物足りない場合は、ターボ車を選ぶことも可能です。

スズキは四輪だけで無く二輪車も製作しています。
スズキのGTシリーズなどは大好きなバイクでした。
そのGTシリーズと同じ様に車ではスイフトが好きです。

ヨーロピアン調の雰囲気が漂っていて、走りのイメージを感じさせます。
軽自動車のスズキですが最近はこのスイフトの様に乗用車にも力が入っています。

関連情報