ロングセラー車種 スズキ・ワゴンRを大調査

今のスズキの車種は軽だけではない

軽自動車と言えば、まず間違いなく出てくるメーカーであろうスズキ。人によっては軽自動車しかないように思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。小型車(いわゆる5ナンバー車両)でスイフト、ソリオ、スプラッシュ、ランディ、ジムニーシエラ。普通車(3ナンバー)でキザシ、エスクード、SX4とこれだけあります。
現在の販売状況だと、売れているといえる車種はスイフト、ソリオくらいかなとは思いますが・・・売れているクルマは基本的にいいクルマではあるとは思いますが、売れていないからと言って悪いクルマというわけではないかと思います。

スプラッシュはハンガリーからの輸入車です。

足回りはあちら仕様になっているようで、気軽に輸入車気分を味わえるかも?
エスクードは80年代から販売されていた車種で、名前を聞いたことがある方も多いかもしれませんね。現在はずいぶんグレード展開が絞られ、1グレードでエンジンは2.4リッターNA、4WD仕様のみでオートマとマニュアルのいずれかが選べます。
SUVでマニュアル車が買えること自体希少な上に、200万円台で用意されているので、かなりお買い得かと思います。
キザシはスズキのフラッグシップセダン。セダンを探されている方で、希少車をお求めの方には最高のクルマかもしれません。納期には時間がかかるようですが・・・SX4は近い将来にフルモデルチェンジを控えているクルマではありますが、現行型はかの有名なジョルジェット・ジウジアーロ率いるイタルデザインによってデザインされています。
かつてはWRCにも参戦していたクルマでもあります。

どんなメーカーに限らず、いろんなクルマがあると、見ているだけで面白いですね。

関連情報